40歳から億り人を目指すブログ

目指せ、「ひとり親で億り人」

Ottoがダメになった理由〜『恋人も 嫌いになったら 他人以下』

『人の気持ちは変わる』

が持論です。

付き合っている恋人同士ならわかるけど、結婚して家族になったから永遠に好き??

→ありえないです。

人間同士、共に生活する上でやってはいけないこと、マナーはあります。

家族だからといって許されるわけではありせん。

 

夫については色々と書ききれないほど不満等はありますが、それはおそらくお互い様でしょう。

3人目の子供が生まれた時、上の子は3歳、1歳でした。

仕事も1歳にならないうちに復帰し、仕事と家事と育児を全て担っていた頃の記憶は、あまりありません。

大変だった記憶は、徐々に忘れていくのに、夫に言われた心無い言葉はグサッと突き刺さったまま忘れません。

「しんどいって言うな。もっと頑張ってる人はいっぱいいる」

「もう少し手伝えってことは、もっと稼いでくるってこと?」

他にも色々ありますが、この言葉達は刺さって抜けません。

前後にやり取りがあってから発した言葉、と数年経ってから言い訳を聞きましたが、もう出遅れですよね。

いつしか、夫に頼ることをやめ、期待することをやめ、子供達と対話し、夫が居なくても物事を解決するようになりました。

 

私は私で頑張って生活して、夫は夫で仕事に邁進する。

そのスタイルでお互い干渉せずでいいじゃない、と思っていた矢先…

お金に関して「共有財産」を連発するようになりました。

そう、確かに共有財産。

何も共に頑張って稼いでもないのに、共有になるという、呪われた言葉。

そこから、全て金銭を把握し、使い過ぎと言われないように夫名義の家族カードなどを一切使わないように心がけています。

そう、全く家計について無頓着だった夫が、いきなりケチをつけてきたわけです。

これが、夫から経済的に自立できるかどうかを考え始めたきっかけです。

 

その後もチクチクと人格否定的なことを言われ、人間的にも無理になりました。

友達に同じことができるのか?

親に同じことができるのか?

なぜ到底できないようなことを妻にしたのか。

許されると思っているのか。

私は、それを許せるほど夫に対してもう愛着もありませんでした。

細かいことは、お互い様。

文句を言うことさえ無駄なこと。

 

全てのことはつまらないことかもしれませんが、積もり積もったものがあり、夫は他人以外の存在になってしまいました。

敵ではないけど、決して味方ではない。

早く縁を切りたい。

一文無しになってでもいい。

けどそれは子供が可哀想。

自分のため?子供のため?

たくさん考えないと。

 

『恋人も 嫌いになったら 他人以下』

 

 

 

★自己紹介★

40歳前半

3人の小学生の子供あり

医療職、年収1000万円

貯蓄1500万円

持ち家築10年マンション(住宅ローン残25年あり)

 

※家計については生活環境や価値観の違いなどがあります。

一情報として読み進めていただければ幸いです。