40歳から億り人を目指すブログ

金融リテラシーの低い医師が節約と投資の勉強始めました。

社会保険について、働いている側からの意見

2024年10月から、従業員数51人~100人の企業等で働くパート・アルバイトが新たに社会保険の適用になります。厚生労働省サイトより引用」
  • 週の所定労働時間が20時間以上30時間未満
  • 所定内賃金が月額8.8万円以上
  • 2ヶ月を超える雇用の見込みがある

世間では、「今後社会保険に入らないいといけない」扶養内で働いている人の悲痛な声がよく聞かれます。

年収の壁をどうするか、と。

 

批判的な意見もあるかと思いますが、しっかり働いている側からの意見を書こうと思います。

  • ちなみに、親族は扶養内で働いています。
  • 私自身は現在、フリーランスとして働いているために社会保険に加入していません。
  • 所定労働時間が20時間未満だからです。
  • 国民年金+任意継続の健康保険に加入しています。
  • 雇用保険には入っていません。

全て、心の声です。

扶養って何なの。働けるスキルがあるのなら、みんな年収の壁を超えて稼げばいいじゃないか。

社会保険いいな、国民健康保険は、全額自己負担だから高すぎる。

しかも、扶養という枠がないから家族の人数が増えるとさらに高い。

(子供3人いると結局上限額になる。逆に上限あるだけありがたいけど。)

小中学生の子供の分も追加になると、結局児童手当が健康保険代になってるようなものだよ!

将来年金は期待できないけど、国民年金iDeCo上限額+国保で月額18万円弱なんて😭

社会保険に入りたくても、簡単には入れない。

ネット検索してたらマイクロ法人に辿り着いたけど、起業するスキルも自己肯定感もない。

そのうち、何やら『社保の窓口』というサイトが広告で出てきた。

そこまでして社会保険に加入するべきなのか、頭が混乱してきて不眠気味、知恵熱でた。

🔍社会保険

🔍社保入れない

🔍マイクロ法人

気づけば履歴がこんな検索ばかり。

任意継続が終わると、本格的に年間108万円の国民健康保険料がかかってくる。

今は半額になっているけど、倍は正直キツい。

 

世間では、社会保険に入りたい人もいるということを知って欲しいです。

今後2028年には、所定賃金が5.8万円以上、扶養という概念がなくなる、所定労働時間が10時間以上になる、など囁かれています。

10時間以上の勤務になると、個人的にはとてもありがたいのですが、20時間を目安に年収の壁ギリギリを攻めている人にとっては、厳しいでしょう。

でも、働くと損になるという考え方は、悲しいものだと思います。

この制度があるが故に、ですね。

 

制度は変わるもの。

いつ年金や社会保障が破綻するかもわかりません。

これからの動向が気になります。